ストレイテナーからベーシストの日向秀和さん登場!

このコーナーでは、エフエム鹿児島にて毎週土曜日18時から放送されているRADIO番組、SOIL&"PIMP"SESSIONSタブゾンビと浜崎美保の「Sea Side Zombie」の放送を音声ファイルとテキストで全国のみなさまにお届けします。
第13回目のゲストはストレイテナーからベーシストの日向秀和さんです。テキストはゲストコーナーのみ、音声ファイルは全編アップです。お楽しみください!

2016年6月25日(土)放送その1

2016年6月25日(土)放送その2

2016年6月25日(土)放送その3

2016年6月25日(土)放送その4

2016年6月25日(土)放送その5

本日のPLAY LIST♪
001♪ Native Dancer/D.A.N
002♪ シーグラス/ストレーテナー
003♪ In Future/Nothing's Carved In Stone
004♪ My Soul Feat.Xavier Boye from TAHITI 80/SOIL&PIMP SESSIONS

浜崎:シーサイドゾンビ本日のゲストゾンビはストレイテナーから日向秀和さんです。まず最初にプロフィールをご紹介したいと思います。1976年12月4日生まれ。ベーシスト。2002年ART-SCHOOLのベースとしてメジャーデビュー。翌年12月に脱退後、ZAZEN BOYS、ストレイテナーに加入。現在はストレイテナーとNothing's Carved in Stoneをメインに活動中です。プレイヤーとして高いプレイヤビリティと秀逸なる音楽センスの良さ故、ライブではSuperfly & The Lemon Bats、木村カエラ、TK from 凛として時雨、EOR、killing Boy等でも活躍。名実共に日本を代表するベーシストの一人として様々なフィールドで活躍しています。

タブゾンビ:この人はもうね、ワーカーホリックですよー。だってひなっち何個バンドやってるのってくらい。だって俺とも2つバンドやってるし。俺とひなっちでもう10年くらい?

日向:タブちゃんとやってる1つのバンドは10年くらいだね。

タブゾンビ:10年くらいで8回くらいしかライブやってないけどね(笑)

日向:全然動かないんですよ、そのバンド(笑)

タブゾンビ:CD売れたんだけど、いかんせんそれ以上プレスしていないもんだから、増版とかは特にはせず。

浜崎:じゃあ、レア盤じゃないですか。

タブゾンビ:そうだよ、だって俺も持ってないから。

日向:幽霊バンドだよね。ゾンビバンドだ!

タブゾンビ:しょうがないから新しいバンドを始めたんだよね、一緒に。

浜崎:そもそもの出会いはいつ頃だったんですか?

日向:ソイルが1stアルバムをリリースした時に、長崎にツアーで行ってて、タワレコに挨拶しに行ったんですよ、店長さんとかにどうもお世話になっていますという感じで、試聴機にたまたまソイルの1stが入ってて聞いてこれ凄いカッコイイってことになって四六時中車でかけてたんですよ。その時に、ZAZEN BOYZをやってて、向井くんを車に乗せて運転してたら「これ、むちゃくちゃカッコイイな」という話になって、対バンしましょうという話になって、野音でザゼンとソイルが対バンしたんですよ。

浜崎:何年くらい前のことですか?

タブゾンビ:10年以上前かな。

浜崎:いろんなエピソードをお互いお持ちなんじゃありませんか。

タブゾンビ:あり過ぎるけどラジオじゃ話せないことばっかり。

浜崎:今日はいったい、どんなネタを?

タブゾンビ:今日は普段聞かないようなひなっちのことを根掘り葉掘り掘り下げて行こうかなと。

日向:ちょっとドキドキしてきた。

タブゾンビ:だってストレイテナーのプロモーション活動とかでひなっちにスポットをあてて聞かれることもないと思うの、ベースマガジン以外で。だから俺、ここ掘り下げて行こうと思ってます。

日向:かなりドキドキしますね。ひなっちゾンビ化になっちゃったらスミマセン!

タブゾンビ:ちなみにひなっちがベースを始めたのって何才くらいの時ですか?

日向:13歳の時かな、中学校1年生ですね。

タブゾンビ:その時は何を聞いてたの?

日向:プリンス。友達とかはボウイとかバクチクとか凄い流行っていたんだけど、お姉ちゃんの影響でディープパープルとか、エアロスミスとか聞きつつ、プリンスとかLL COOL Jとかも聞いいてみたいな。

タブゾンビ:それらを聞いてベースをやろうかなと思ったの?

日向:うーん、中1の頃ってみんなバンドやるんだけど、ギターが人気あるんだよね。ベースいないからって、じゃあ俺やるかって触ってみのが初期衝動。

タブゾンビ:ずっとベースを触ってたわけ?

日向:ずっと触ってたね、その頃からね。

タブゾンビ:ひなっちは東京の町田市出身なんだけど、町田市出身のミュージシャンってすごく多くて、俺が仲のいい人もいて、その人はたまたま、ひなっちと学校が同じだったんだけど、彼から噂を聞いたら、ひなっちは、高校に入学する頃にはすでにベースヒーローになっていたらしいよ。

日向:とんでもない、全然。

タブゾンビ:1日何時間ベースを触っていたんですか?

日向:7〜8時間くらい。

タブゾンビ:中学校の時に?この人、町田のヤンキーだったから(笑)

日向:ぶっちゃけ、あまり学校に行っってなかった。

浜崎:学校に行かず、ベースばっかり?

日向:昼になったらプラプラ学校に行って、帰るみたいな(笑)

タブゾンビ:授業中もずっと弾いてるわけ?

日向:学校には持って行かないで、お家で弾いてた。

タブゾンビ:高校は?

日向:高校もそんな感じ。フォークソング部とか部活はやってたよ。ジュンスカイウォーカーズとかブルーハーツとかやりつつ先輩とかとミクスチャーのバンドもやりつつみたいな、その頃から掛け持ちしてたかな。

タブゾンビ:高校の時は何を聞いてたの?

日向:アシッドジャズを聞き始めて、ジャコ・パストリアスとかも。

タブゾンビ:この風貌だとメタル通ってそうなのに、メタルは全然だよね。

日向:メタルは、好きなんだけど詳しくないんですよ。

浜崎:タブさんがメタルを通っているんですよね。

日向:めっちゃメタラーだもんね。

タブゾンビ:そう、でもやっている音楽はブラックミュージックでしょ。

日向:そう、ブラックミュージックが共通点て繋がっているんですよ。

タブゾンビ:ひなっちはいろんなジャンルの音楽を凄いたくさん聞いてるよね。

日向:でも、基本ロックはあまり聞かないですよ。

タブゾンビ:そういえば、そうだね。やっている音楽はロックなのにね。

日向:そうなの。表に出るのはロックで出るんだけど、根本的なものはロック以外のものを入れていくみたいな。

タブゾンビ:外国のミュージシャンでもヘビメタでパンテラとかいるでしょ、あの人たちもロック聞かずジャズとか聞いていたんだよね。そのジャンルにいる人って自分のジャンルの音楽ってあまり聞かないんだよね。

日向:特にメタルの人が多いかもしれない。ヘルメットとかもジャズとかバリバリ得意なんですよね。

タブゾンビ:そうだよね、コーンの人もジャズのアルバムとか出したりしてるもんね。

浜崎:私が前付き合っていた人も、めっちゃスピッツを聞いていたんですけど、やってる音楽がサイコビリーでした。

タブゾンビ:どういうこと、それ(笑)

日向:アウトプット、パネェ(笑)人間力でしょ。

タブゾンビ:逆だったらわかるのよ、サイコビリー聞いてて仕事でスピッツみたいな音楽とか。

日向:凄い、生き様なんだろうね。たぶんね。

浜崎:面白いですよね。

日向:いろんなパターンがありますよね。

タブゾンビ:ひなっちはいろんなバンドやってるじゃん。鹿児島来る?

日向:鹿児島行きまくってますよ。タブちゃんに美味いラーメン屋ないのかと聞いて「のぼる屋」行ったらめちゃウマ。

タブゾンビ:あそこ潰れちゃったのよ。世界一のラーメン屋なのに。

日向:一回だけ行けたの、みかんと桜島の写真もらった。

タブゾンビ:それね、ほんと行けてラッキーですよ。70年くらいやってたラーメン屋さんです。他は?

日向:セレクトショップとか、桜島が見える城山公園とかにホリエアツシと登って、その時だけ晴れて、桜島が綺麗に見えたんですよ。

タブゾンビ:仲良いよね。ホリエくんと。

日向:そうなの。常に二人で歩いてる(笑)接しやすい。タブちゃんと一緒。

タブゾンビ:でも俺、ずっと突っ込まれてるから、この人ほんと酔っ払うとたち悪いから(笑)EORというバンドを一緒にやってるんだけど、酔っ払うとみんなたち悪いからさ、それがやらなくなった理由の一つかな(笑)

日向:一回、EORで沖縄に行って、その夜がけっこうやばかったよね。

タブゾンビ:そうそう、空港で喧嘩したからね、俺が子供みたいに怒っちゃった。

日向:お前ら俺のこといぢり過ぎだってなっちゃって。

タブゾンビ:寝てたら俺のことずっと言ってて、うるさいなーってなって。

日向:俺、間に入って止めたんだから(笑)やめてやめてって。

タブゾンビ:中村達也さんがさ

日向:タブゾンビvs中村達也みたいになっちゃって、真ん中に俺が入ったんですよ。やめてーって。

タブゾンビ:ブランキージェットシティですよ。もう。こういうノリなんですよ。

浜崎:最高です。(笑)

IMG_7654

タブゾンビ:ちなみに、トンカツとか食べた?

日向:食べてないけど、万十屋はよく行く。豚しゃぶの。

浜崎:美味しいです。

タブゾンビ:だいたい、打ち上げといえば万十屋か牛ちゃんだよね。

日向:万十屋しか行ったことない。

浜崎:牛ちゃんは炊き肉屋さんで美味しいんです。

タブゾンビ:最近、恵比寿にもね。あれって鹿児島のあの系列なの?

浜崎:らしいですね。

タブゾンビ:じゃあ、今度、恵比寿の行こうよ。

日向:行こう!飯行きましょう。

タブゾンビ:ひなっち、鹿児島好きでしょ?今日は鹿児島から素敵なものを持ってきていますよ。

浜崎:鹿児島は美味しいものに満ち溢れており、黒のつくものがとても有名なんです。

タブゾンビ:黒豚、黒牛、黒タブゾンビ(笑)黒ひな、黒浜ちゃん。(笑)

浜崎:黒酢とかね。

タブゾンビ:くろいわラーメン、ももクロ。

日向:ももクロ鹿児島?

タブゾンビ:一人、鹿児島にルーツがある子がいるの。今日は鹿児島から素敵なお土産もあるんです。西原商会さんから薩摩家のさつま揚げ、焼酎「夢の一撃」セイカ食品さんから薩摩六菓撰、下堂園さんからお茶の千両これお土産として持って帰ってください!

日向:すげー。ありがとうございます!

タブゾンビ:人によっては飲みながらやってるからね、自由な番組なんです。質問コーナー行ってみようか。

浜崎:ラジオネームマメムーさん、もう夏になりますが、海派ですか?山派ですか?

日向:俺は山派ですね。最近山登りハマっちゃって。

タブゾンビ:この人、ものすごく忙しいのにその合間によく登るなって思ってた。

日向:ツアーの合間とかにも登る。

タブゾンビ:しかも、よく走ってるよね?

日向:8〜10キロくらい週3〜4くらい走ってる。

タブゾンビ:凄いストイックだよね。やると決めたら。趣味も多いのよ。

浜崎:どんな趣味があるんですか?

日向:車、バイク、映画、洋服、ゲーム

タブゾンビ:忙しいのに、バンドもたくさんやってるし。いつ休んでるんだろ。サメみたい。

浜崎:マグロじゃなくて?(笑)

日向:止まれないというのはそのとおりです。

タブゾンビ:だから今日来てもらえたのは奇跡だよ。忙しい中。

日向:呼んでもらえて嬉しかったよ。

タブゾンビ:時間みたいだから、一回〆るよ、でもこれ、おかわりあるから、また来てね!

浜崎:最後に鹿児島のリスナーさんへ一言お願いします。

日向:また、ライブで鹿児島行きたいので、行った際にはよろしくお願いします!長崎スカイジャンボリー8月21日に出ます。これ、テナーとナッシングス2バンド出てます。よかったら、ぜひ来てください。

浜崎:ありがとうございます。

タブゾンビ:ありがとうございました。
IMG_7664

関連記事

  1. アーカイヴ/雨のパレードから福永浩平さん(鹿児島出身)をお迎えし…
  2. アーカイヴVol.020/鹿児島出身の音楽家 / プロデューサー…
  3. 指宿出身のソロシンガーmiccie(ミッチー)さん登場!
  4. アーカイヴ/SPECIAL OTHERS ACOUSTIC(又吉…
  5. アーカイヴVol.057/俳優の田上晃吉さん(鹿児島出身)の登場…
  6. アーカイヴ/SANABAGUNよりtp/髙橋紘一さん、sax/谷…
  7. アーカイヴ/ダンサーのATSUSHIさん(Dragon Ash)…
  8. アーカイヴVol.074/シンガーソングライターのLOVEさんの…

アーカイブ

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP