アーカイヴVol.025/RHYMESTERからラッパーのMummy-Dさん登場!

このコーナーでは、エフエム鹿児島にて毎週土曜日18時から本放送、翌日曜日21時から再放送として放送されているRADIO番組、SOIL&"PIMP"SESSIONSタブゾンビと浜崎美保の「SEA SIDE ZOMBIE」の放送を音声ファイルで全国のみなさまにお届けします。
第25回目のゲストゾンビは、RHYMESTERからラッパーのMummy-Dさんです。音声ファイルは全編アップです。お楽しみください!

2016年9月17日(土)放送その1


2016年9月17日(土)放送その2


2016年9月17日(土)放送その3


2016年9月17日(土)放送その4


2016年9月17日(土)放送その5

本日のPLAY LIST♪
001♪D-forward/Robert Nacken
002♪ジャズィ・カンヴァセイション/SOIL&"PIMP"SESSIONS feat.RHYMESTER
003♪人間交差点/RHYMESTER

img_8765

浜崎:シーサイドゾンビ、さて本日のゲストゾンビには、ライムスターからMummy-Dさんにお越しいただきました。

Mummy-D:どうもー!

タブゾンビ:本当に出てもらえるとは思わなかった。ありがとうございます!

Mummy-D:みんなゾンビなの?(笑)

タブゾンビ:そうなんです。いつまで続けるんだろ、このゲストゾンビって。

Mummy-D:そっか、まいったまいった。

タブゾンビ:もう、棒読みじゃないですか(笑)それでは、紹介お願いします。

浜崎:1970年横浜市生まれ。ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパー、プロデューサーでグループのトータル・ディレクションを担う司令塔。 1989年グループ結成後、ヒップホップ黎明期より、常に一線でシーンを牽引してきた。ヒップホップ・ジャンル外からの信望も厚く、椎名林檎、スガシカオな ど多くのアーティストの作品でプロデュース、客演参加。最近はドラマ、CM、ナレーションなどでもご活躍中です。そして、SOIL&"PIMP"SESSIONSさんとも深いお付き合いですよね。

タブゾンビ:そうなんですよ。ジャズィ・カンヴァセイションとても評判がいいんですよ。

Mummy-D:俺がコラボした中でも1、2を争う自己満足度だもん。

タブゾンビ:そういうのホント嬉しい。ソイルのこと知らない人でもあの曲は知っているという人がけっこういて。テレビのCMとかでも使われていて。

Mummy-D:そうだね、ホーンのキメとかが強いからテレビのジングルとかでも使われてるしね。

タブゾンビ:この番組ってゲストの方のことを深く掘り下げていくんですけど、もともと音楽に目覚めるきっかけっていつだったんですか?

Mummy-D:うちはね、民謡教室だったの、実家の2階が教室になっていて、ばあゃんと母親が先生やってたの、だから1番最初の音楽との出会いは民謡だね。

タブゾンビ:関東の民謡ですか?

Mummy-D:ばあちゃんが山形だから、たぶん東北のばかりだったと思う。

浜崎:音楽としては民謡スタートだったんですか?

Mummy-D:民謡を好んでいたわけではないけどね、あとは小学校の時にゴダイゴとかYMOとかラッツアンドスターとか黒っぽい音楽とか凄い流行っていて、それもデカかったかな。それからブレイクダンスとか流行ったりして、ヒップホップに近づいていくんだけど、あとプリンスも好きだった。

タブゾンビ:中学の時はどうだったんですか?

Mummy-D:俺らの時代はRCサクセションが流行っていたから、バンドとかやる人が多かったんだけど、うちの中学にはそういう先輩がまったくいなくて、ホコ天とかでブレイクダンスとかの真似事とかしている先輩ばかりだったの。昼休みは体育館でムーンウォークの練習とかしていてそれを遠巻きに見てたの。

タブゾンビ:もう、ヒツプホップは聞いていたんですか?

Mummy-D:うん。聞き始めていたし、ハービー・ハンコックのRock itとか流行ってたし、そういう方に行っちゃっていたんだよね。

タブゾンビ:当時ラッパーは誰が流行っていたんですか?

Mummy-D:まだ全然ラッパーがメジャーになる前だったかな、Run-D.M.C.とかが出てくる直前で、まだシュガーヒル・ギャングとかで、メジャーになる前だったな、その時は。

タブゾンビ:高校になってRun-D.M.C.とか出てきたんですね。

Mummy-D:そうだね、俺もやりてぇってなって、ターンテーブルとかミキサーに興味を持つようになって、今に至るよ。

タブゾンビ:高校でラップは始めていたんですか?

Mummy-D:高校の文化祭でやったりしてたね。

タブゾンビ:大学に入りライムスターですよね?

Mummy-D:そう。大学の正門のところで宇多さんがターンテーブル出して、ラップしてたの。

浜崎:衝撃でした?

Mummy-D:衝撃だったよ!遠巻きに見てて、すぐ一緒にやろうよってなった。

タブゾンビ:プロになろうと思った経緯は?

Mummy-D:プロになろうと思ったことは一度もなくて、こんなもんで飯が食えるとは思っていなかったから、楽しくやっているうちにインディーレーベルの人からうちで出さないかと言ってもらえて、そこからズルズルきてる感じだね。

浜崎:後半は飲みながらいきましょう。本日、いも焼酎は西原焼酎さんから夢の一撃をご用意しております。

Mummy-D:西原商会ですか、友達ですよ社長の西くんとは。

タブゾンビ:僕らこの番組があるのでは西原商会さんあってのことですから。そして、薩摩家さんのさつま揚げも準備しております。下堂園さんからのお茶もあります。そして、セイカ食品さんから薩摩六菓撰もお土産にご用意しております。

浜崎:鹿児島には思い出ありますか?

Mummy-D:たくさんあるね。西原商会の西くんがいろいろセッティングしてくれるおかげでツアーのファイナルを鹿児島にしたりとかしてるね。

タブゾンビ:鹿児島で、うちあげはどこでやってます?

Mummy-D:天文館の飲み屋通りだね。鹿児島に行ったらいも焼酎のソーダ割りみたいのを飲んで必ず泥酔してるね。鹿児島でも収録したいよね。

タブゾンビ:やりたいですね!あと聞きたいことたくさんあるんですけど、聞いてもいいですか?

Mummy-D:うん

タブゾンビ:どういう風なアイディアでリリック作ってますか?

Mummy-D:煮詰まりながら作っているね(笑)落ち込みながらひらめきを待つという感じだよ。

タブゾンビ:机に座ってじっくり考える?

Mummy-D:宇多さんとキャッチボールしながら作っていくので、一人でやっている人よりは楽かもしれない。

タブゾンビ:本とか映画とか読んだり見たりしますか?

Mummy-D:最近、やっと映画は見るようになった(笑)

タブゾンビ:どういう映画を見るんですか?

Mummy-D:それは、あれだよ、レンタルとかにいってランキングにあるのを見てるね(笑)最近はじめてスターウィーズを見たくらいだからね(笑)

タブゾンビ:2回目ゲストに出ていただけたら、これを見せたいという映画のタイトルを持ち寄りたいですね。

Mummy-D:いいね、その時は是非、浜崎さんも持ってきてください。

浜崎:はい!ぜひ。さて、ラストになりますが、鹿児島のリスナーの方にメッセージをお願いします。

Mummy-D:今日はね、城山に登った話とかいろいろしたかったんだけどね。歴史好きだから次回はそういう話もしたいな。

タブゾンビ:ぜひ、お願いします。本日はありがとうございました!

浜崎:ありがとうございました。

関連記事

  1. アーカイヴVol.039/星グランマニエさん、白鳥松竹梅さん(氣…
  2. アーカイヴVol.063/シンガーHanah Springさん、…
  3. アーカイヴVol.047/雨のパレードから 鹿児島出身のVo.福…
  4. アーカイヴVol.042/サックスプレイヤーの中園亜美さんが登場…
  5. 指宿出身のソロシンガーmiccie(ミッチー)さん登場!
  6. アーカイヴVol.090/ 広告業界のプロデューサー山中雄介さん…
  7. PRIMITIVE ART ORCHESTRAなどで活躍、鹿児島…
  8. アーカイヴVol.093/ SOIL&“PIMP”SE…

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP