アーカイヴVol.033/鹿児島県出身のミュージシャン、木下航志さんが登場!

img_4853

このコーナーでは、エフエム鹿児島にて毎週土曜日18時から本放送、翌日曜日21時から再放送として放送されているRADIO番組、SOIL&"PIMP"SESSIONSタブゾンビと浜崎美保の「SEA SIDE ZOMBIE」の放送を音声ファイルで全国のみなさまにお届けします。※テキストは本日深夜にアップ予定。
第33回目のゲストゾンビは、鹿児島県出身のミュージシャン、木下航志さんです。

2013年11月12日(土)放送その1

2016年11月12日(土)放送その2

2016年11月12日(土)放送その3

本日のPLAY LIST♪
001♪Too Good To Last (社長 from SOIL&”PIMP”SESSIONS Remix)/Kandace Springs
002♪Overjoyed/木下航志
003♪Just a Closer walk with Thee~輝く明日へ僕は歩く~/木下航志
004♪walking music/Polaris

img_5184img_5188

浜崎:SEA SIDE ZOMBIE、さて本日のゲストゾンビはミュージシャンの、木下航志さんにお越しいただいております。

木下:よろしくお願いします!

タブゾンビ:それでは、紹介お願いします。

浜崎:鹿児島に生まれの27歳。未熟児網膜症の為、生後1ヵ月で失明2歳にして、お母さんが買ってくれたおもちゃのピアノを弾き始め、
5歳でクラッシックピアノを始める。そして、8歳にして鹿児島にてストリ-トライブをスタ-トさせました。1996年 NHK「みんな生きている・かがやくメロディ-」他、ドキュメンタリー番組で話題になり、2002年 13歳にして初のNYライブが実現。NHK 総合「響け僕の歌 木下航志14 歳の旅立ち」が放送され、大反響を呼びます。さらに、アテネパラリンピック2004 のNHK テ-マソング「Challenger」を担当。その後も、ニューヨークなど、国内外で活躍中です。そして、2015年 デビュー10周年を迎えられました。

タブゾンビ:僕と航志くんは、たまにやるよね。

木下:ドラゴンアッシュのアツシさんに紹介されたのが初めてだと思います。

タブゾンビ:そうそう、アツシくんが鹿児島にやべえヤツがいるからよぉって言って紹介してくれました。

木下:やばいかどうかはわかりませんが。(笑)

タブゾンビ:プロフィールを見ると2歳のときに初めてピアノを弾いたの?

木下:聞くところによると、2歳の時におばあちゃんの歌うチューリップに伴奏をしたらしんです。

タブゾンビ:凄い、その後は5歳でクラシックピアノ?

木下:はい。有線放送は視覚障害者の生活を支えるチャンネルがあって、うちの両親はそのチャネルを聞かせてたんですが、たまたまジャズの番組にチャンネルを合わせて、そこから音楽の道にのめり込んでいったんです。クラシックの時も勝手にアレンジして先生に怒られたことを覚えています。

タブゾンビ:基本は航志くんの中にはジャズが流れているの?

木下:そうですね。クラッシックのように同じことを繰り返しやって技術を高めていくっていうのが子供の頃の自分に合わなかったんです。

浜崎:自分の思いをメロディにのせていたんですね。

タブゾンビ:素朴な疑問ですが、絶対音感あるんですか?

木下:あるかもしれません。

タブゾンビ:ちなみに、ジャズヒーローは誰でした?

木下:誰が演奏しているのかわからずに聞いてましたね。最近はハービー・ハンコックですかね。

タブゾンビ:最近のハービー・ハンコックは凄いよね。どこを演奏しているかわからないところに行っちゃうよね。宇宙に。周りのミュージシャンはロストしちゃうことがある。

木下:そうですね、自由で素晴らしいですね。

タブゾンビ:俺と航志くんがやる時は、決め事を作らず何も演奏するよね。

浜崎:毎回違う内容になるんですね。

木下:そこが面白いところかもしれませんね。

浜崎:生物の良さですね。ピアノから入ってその後歌うようになったのはいつからですか?

木下:ちょうど、ストリートライブを初めて時くらいですかね。

浜崎:8歳の時ですね。

タブゾンビ:8歳の時にストリートライブって凄いね。その時は何を演奏してたの?

木下:ドリカムとかですね。

タブゾンビ:NHKにはどういう流れで出演したの?

木下:ディレクターの方から声をかけていただいて最初は15分くらいの番組でした。それをきっかけにいろいろな反響がありました。

タブゾンビ:ニューヨークでやった時はどんな反応でした?

木下:アメリカの方は良いものは良い、悪いものは悪いとはっきり反応するので怖かったのですが、反応が良くて自信につながりましたね。

タブゾンビ:ここで、お土産があります。西原商会さんの夢の一撃、薩摩家さんのさつま揚げ、下堂園さんの千両というお茶セイカ食品さんの薩摩六菓撰がございます。

木下:ありがとうございます!

浜崎:北米でもパフォーマンスを行ったんですよね?

木下:これがね、本当に凄かったですね。数万人のお客さんだったので緊張しましたね。アメリカってゴスペルが根付いているんだなと感じましたね。

タブゾンビ:最近のゴスペルもだいぶ進化してるもんね。

木下:ジャンルがあまり関係なくなってますね。

タブゾンビ:向こうの人って教会に行く習慣があるから、ゴスペルが本当に根付いているよね。それが羨ましい。僕らは、おはら節がソウルミュージックですよ!

木下:僕らのソウルミュージック!笑

タブゾンビ:フルアルバム「航志」で’モンゴル800のキヨサクくんとやっているんだね。そうやって出会ったの?

木下:これも、ドラゴンアッシュのアツシさんの紹介ですね。

浜崎:アツシさんがキーパーソンですね。

木下:キヨサクさんのライブに参加させていただいて、それで印象に残ったか、アルバムのプロデュースをしていただきました。

タブゾンビ:鹿児島ではライブしないの?

木下:今年はもう予定はないですが、来年あたり。

タブゾンビ:楽しみだね。

浜崎:今年はデビュー11年ということですが、今後の活動であったりさらなる夢はありますか?

木下:今までのベストアルバム的な感じのものを出してみたいなと思っています。

浜崎:楽しみです。

タブゾンビ:また時間足りないな、だから2時間番組にしてくれって言ってるんだよ(笑)

浜崎:それでは最後に鹿児島の方にメッセージをいただけますか?

木下:今年も間もなく終わりになりますが、来年も鹿児島で、そして全国で活動できるように頑張りますので、これからもよろしくお願いします!

関連記事

  1. C45F3BF4-040F-4B3B-A7E5-C17167891D5F アーカイヴ/シンガー・ソングライター/ギタリストのReiさんの登…
  2. IMG_4951 『さつま黒潮きばらん海 枕崎港まつり』公開収録の模様をお届けしま…
  3. IMG_8789 アーカイヴVol.019/福岡県出身の音楽家 / プロデューサー…
  4. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-05-6-30-38 アーカイヴVol.036/STARMARIEから木下望さん、高森…
  5. IMG_7870 氣志團から鹿児島出身のギタリスト星グランマンエさん、ベーシスト白…
  6. img_9053-1 アーカイヴVol.030/THE FOREST代表、森正志さんが…
  7. image_6483441(11) アーカイヴ/STARMARIEから高森紫乃さん中根もにゃさんをお…
  8. IMG_3166(1) アーカイヴ/シンガー・ソングライターNao Kawamuraさん…

アーカイブ

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP