アーカイヴVol.058/モデル・ライター/斉藤アリスさんの登場です!

IMG_8001

このコーナーでは、エフエム鹿児島にて毎週土曜日18時から本放送、翌日曜日21時から再放送として放送されているRADIO番組、SOIL&”PIMP”SESSIONSタブゾンビと浜崎美保の「SEA SIDE ZOMBIE」放送の一部をテキストで全国のみなさまにお届けします、(radikoタイムフリー機能で全国の方もお聞きいただけます。)
第58回目のゲストゾンビは、モデル・ライター/斉藤アリスさんです。

PLAY LIST♪
001♪Fuerl/ORIGINAL LOVE
002♪Pellicule/不可思議 / wonderboy
003♪COME CLEAN/B.I.G.JOE
004♪雨/Suchmos

IMG_8002

浜崎:今週のSEA SIDE ZOMBIEは、モデル・ライターの斉藤アリスさんにお越しいただいております。

タブゾンビ:よろしくお願いします。

斉藤:斉藤アリスです。よろしくお願いします。

浜崎:斉藤アリスさん。日本とオーストリアのハーフ。ロンドンで生まれ、幼少期をドイツ、学生時代を名古屋で過ごします。明治大学農学部進学をきっかけに上京し、モデルデビュー。『MORE』『an・an』『美的』など 40 誌以上の雑誌や広告で活躍。卒業後はロンドンへ渡り、ジャーナリズムの分野で博士号を取得。現在はモデル業に加え、ライターとしても活躍中です。趣味は世界のカフェめぐりということで、3月に斉藤アリスのときめきカフェめぐりという本も発表されました。

斉藤:ありがとうございます。

タブゾンビ:世界中のカフェを巡っているんですね。俺のコーヒーのこだわり聞いてもらえます?ミルク7、コーヒー3の黒砂糖2個。

斉藤:カフェラテみたいな感じですね。(笑)

タブゾンビ:いつからコーヒー飲むようになりました?

斉藤:私が学生の時にカフェめぐりをしていた時はコーヒーより紅茶だったんですが、日本に帰ってきた時にコーヒーを飲む機会が何回かあったんです。その時に今まで飲んできたのとまったく違ってすごく美味しくて、それから飲むようになりました。

タブゾンビ:僕はリハがあるとリトルナップに毎日行きます。

斉藤:あぁ、リトルナップにいそう。(笑)店員さんつなぎを着ていますよね。

タブゾンビ:そう、ミュージシャンのお客さんが多いんですよ。

浜崎:ぜんぜん人がいないところでも流行っているお店とかありますよね。

タブゾンビ:そうなのよ、立地は大事だよね。公園の近くにカフェがあると、ママ友たちでいっぱいになるよね。

浜崎:私、アリスちゃんのときめきカフェめぐりを出版されて、カフェの概念が変わりました。

斉藤:うれしいです。もともと、いろいろな国に行くことが多かったんですが、例えばパリだったらエッフェル搭いってルーブル美術館に行ったりするじゃないですか、でもそれって観光客のことを考えて作られたもので、本当に現地のことを知ったことになるのかなと疑問に思っていたんです。そういうときに、カフェはヨーロッパの人の生活の一部を覗いているような気分になれるんです。そんなところからカフェめぐりが始まっているんです。

タブゾンビ:着眼点が素晴らしい。

斉藤:ウィーンとかは特に、マイカフェとか決まっていて、新聞も世界の新聞が揃っているから、通勤前に毎朝そこで、新聞読んでクロワッサン食べて出勤するとか、生活の一部になっているんです。

タブゾンビ:ちなみに焼酎好きですか?

斉藤:めちゃくちゃ好きです。

タブゾンビ:それでは、このあたりで、焼酎飲ながらお話ししましょう。

浜崎:こちらは、西原商会さんの夢の一撃です。薩摩家さんのさつま揚げもございます。そして、下堂園さんのしょうが紅茶もあります。

斉藤:うれしい。ありがとうございます。

浜崎:アリスさんはまだ鹿児島には行ったことないんですよね。鹿児島のカフェはまだ未開拓なんですね。

斉藤:そうなんです。良いところありますか?

タブゾンビ:照国とかにあるよね。

浜崎:今日の日のために、地元のモデル友達に聞いてみたんですが、蒲生町にある「ぜんざい」という古民家カフェが良いらしいですよ。写真もいただいています。

斉藤:門構えが料亭みたいでいいですね。かわいい。

タブゾンビ:トロンボーンというお店も昔からなかったけ?

浜崎:あー懐かしい。あとは、学生のころに天文館の「彼女の家」というカフェにみんな行っていましたね。

斉藤:天文館なんですね。鹿児島にも行ってみたいです。

浜崎:世界のカフェで一番衝撃的なカフェや思い出に残っているカフェってありますか?

斉藤:カフェに対する考え方が変わったお店がパリにあるんです。17世紀にモンテスキューとかナポレオンが通っていたお店で、ナポレオンが学生時代にお代が払えなくて代わりに置いていった帽子が置いてるんです。嘘か誠かわからないですが、ナポレオンが実際に足を運んで彼が飲んだコーヒーを今私も飲んでいるのかもしれないってことに興奮したんです。

タブゾンビ:なるほど、向こうのカフェって歴史がありますから。面白いね。

斉藤:フランス革命もここで生まれたって言われていて、ここで作戦会議をしたり、たくさんの文化人が集まっていたんです。だから、国によって閉鎖されたこともあるんです。歴史的な影響がありすぎるカフェだから。それぐらい国に大きな影響を持っていた場所なんです。

タブゾンビ:コーヒーの歴史はいつからなんですか?

斉藤:諸説あるんですが、アフリカ発祥なんです。イスラム教の殉教者が見つけた説と、山羊飼いの少年がヤギがコーヒー豆を食べて興奮したのを見て、これなんだとなった説があるんです。カルディというお店あるじゃないですか、そのカルディってその少年の名前からとっているんです。だから、カルディの豆はこだわりがあるんです。

タブゾンビ:へぇ凄い。コーヒーショップの発祥はどれくらい前なんですか?

斉藤:16世紀後半くらいにヨーロッパに入ってきているから、カフェが一般的になったのは17世紀初めくらいだと思います。

浜崎:鹿児島にスタバが、何店舗かあるんですが、鹿児島の仙巌園に最近スターバックスがオープンしているんです。桜島と錦江湾の海が一望できて素晴らしい場所です。

斉藤:素晴らしい場所ですね。私、鳥取のスタバに行ったことあるんですが、鳥取はうさぎの伝説があって、シートのにうさぎの柄があったり、鳥取らしさを反映したお店でした。

タブゾンビ:アリスちゃん。コーヒー・プロデューサーとかなれるかもしれない。

斉藤:お話があったら、ぜひやりたいです。(笑)

浜崎:ここで、時間が来てしまったのですが、みなさんぜひ、「斉藤アリスのときめきかふぇめぐり」を手にとってみてくださいね。では、最後に斉藤アリスさんからリスナーのみなさんに一言お願いします。

斉藤:今年は鹿児島のカフェめぐり、ぜひ行ってみたいです。よろしくお願いします。

タブゾンビ:ありがとうございました。

浜崎:ありがとうございました。

関連記事

  1. IMG_8240 アーカイヴVol.023/鹿児島出身の女優、演出家の笹峯愛さん登…
  2. IMG_8062 (1) アーカイヴVol.017/鹿児島出身のロックバンド雨のパレードか…
  3. IMG_8101 アーカイヴVol.059/キーボーディスト、岸本 亮さん(fox…
  4. 170401 アーカイヴVol.053/脚本家、作家、演出家の園田英樹さんの登…
  5. img_5195 アーカイヴVol.035/鹿児島県出身、読売巨人軍、元投手・現ス…
  6. 14315673_10209736208789464_1461080044_o アーカイヴVol.028/鹿児島出身のフォトグラファー/写心家 …
  7. img_9053-1 アーカイヴVol.030/THE FOREST代表、森正志さんが…
  8. img_7069 ニューアルバム「BLACK TRACK」リリースのSOIL&am…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP