アーカイヴVol.071/竹細工職人の八木秀作さん(鹿児島県出身)の登場です!

IMG_8889

このコーナーでは、エフエム鹿児島にて毎週土曜日18時から本放送、翌日曜日21時から再放送として放送されているRADIO番組、SOIL&”PIMP”SESSIONSタブゾンビと浜崎美保の「SEA SIDE ZOMBIE」放送の一部をテキストで全国のみなさまにお届けします、(radikoタイムフリー機能で全国の方もお聞きいただけます。)
第71回目のゲストゾンビは、竹細工職人の八木秀作さん(鹿児島県出身)です。

PLAY LIST♪
001♪ユメマカセ/SOIL&”PIMP”SESSIONS feat.Yojiro Noda
002♪ハピネス/AI
003♪花鳥風月/ケツメイシ
004♪決戦は金曜日/三浦大知

IMG_8890

浜崎:SEA SIDE ZOMBIE今週は竹細工の八木秀作さんをお迎えしております。

八木:よろしくお願いします。

浜崎:それでは、皆様にご紹介させていただきます。鹿児島県出身の42歳。
23歳で創業大正14年の家業である竹工芸の八木竹工業に入社。竹素材と向き合い、八木竹工業独自の技術継承を習得。職人としての技術を磨き、全国有名百貨店での販売を確立。
5人の職人が日本各地から東京に集まり、代々継承された日本の伝統工芸に心をこめて発信している場、御徒町の「めぐりて 本店」、浅草の「めぐりて 浅草店」で実店舗を構えるほか、先月7月には門前仲町の路面・参道に「ななツール」をオープン。現在は、竹素材一貫にこだわらず異素材とのコラボレーション製品にも力を入れ、国内外の幅広いファン層に親しみ易い商品展開を行っています。

タブゾンビ:よろしくお願いします。今手元に作品があるんですが、ひとつひとつ手作りなんですか?

八木:そうですね。

浜崎:感動的な仕上がりですね。

タブゾンビ:竹って硬いじゃないですか、それをこのような形に人間の手で出来るって凄いですね。ご実家が竹職人として代々やられていたんですか?

八木:そうですね、私で3代目ですね。

タブゾンビ:小さい頃から見てたわけですよね?

八木:そうですね、そうしているうちに作ってみたいと思うようになりましたね。

タブゾンビ:小さい時に竹とんぼを学校で作ったことがあると思うんですが、大変でしたよね。

浜崎:やりましたよね。覚えてます。

タブゾンビ:何年くらい修行すると技術を習得できるんですか?
八木:竹を竹林から選別して取ってくることから熟練の目利きも必要になります。実は鹿児島の竹林面積って日本一なんです。京都に問屋さんが多くて、そちらに卸していてなかなか名前が出ないという背景もあるようで、なかなか知られていないんです。

浜崎:私たちが鹿児島で生活している時に、竹林が当たり前にあったので、認識していなかったのかもしれないですね。

タブゾンビ:消臭スプレーとかにも竹の素材が使用されているんですよ。

八木:そうなんです。実は竹墨とかの素材に消臭効果がある成分があるんですよ。竹にはミネラルがたくさん含まれていて胃腸を綺麗にしたりもするんです。

タブゾンビ:竹墨って水を綺麗にするから、それを使ってザリガニを育てたりしています。

八木:竹墨をパウダー状にして提供することもありますね。

タブゾンビ:ちゃん浜さんと八木さんは元々知り合いだったんですよね。

浜崎:バスケットつながりの共通の友人がありまして。

八木:バスケットはシニアの大会で九州大会に出たりしています。(笑)

タブゾンビ:凄いですね。でも、手を使う職業ですが心配ではないですか?

八木:ストレス発散も大事ですので、大切にしていますね。

浜崎:アクティブな面と職人さんの面といろいろな表情がありますね。東京でのショップは県外の職人さんと組んでいらっしゃるんですよね。

八木:そうなんです。県外の人たちと組んでいるんですけど、福岡の着物の織元ですとか、大分や北海道など伝統工芸の職人など5人集まってやっています。もう7年になるんですけど、県外の職人が集まってショップをやっている例はなかなか無いと想います。

浜崎:やっぱり職人さんは男性さんが多いんですか?

八木:女性の方もいますが、やはり男性が多いですね。ワークショップがきっかけで女性が入ってくる方ケースがありますね。

タブゾンビ:ショップの5人は毎日顔を合わせているんですか?

八木:シフト制でそれそれ地元に帰ったり仕事をしたり、当番制でお店をやっています。

タブゾンビ:職人が5人集まるとどうなるんですか?

八木:みんな根は真面目でオンオフがきっちりできる人が残っていますね。

浜崎:東京での店舗も展開して鹿児島にも帰られたり日本中を飛び回っていると思いますが、あらためて竹の魅力ってどんなところですか?

八木:竹は、強さと柔軟さ両面を持っているところが魅力的ですね。自分自身もそういう人間になりたいと思っています。

タブゾンビ:奥さんは、さぞかし竹を割ったような性格の方なんでしょうね。(笑)
浜崎:お後がよろしいようで(笑)最後にリスナーのみなさんに一言メッセージをいただけますでしょうか。

八木:竹林の面積は、鹿児島が日本一です。このことをぜひ、発信していただきたいです。本日はありがとうございました。

タブゾンビ:ありがとうございました。

浜崎:ありがとうございました。

関連記事

  1. 14315673_10209736208789464_1461080044_o アーカイヴVol.028/鹿児島出身のフォトグラファー/写心家 …
  2. 17021703 アーカイヴVol.047/雨のパレードから 鹿児島出身のVo.福…
  3. IMG_7593 アーカイヴVol.054/Vol.55/長岡亮介さん(PETOR…
  4. IMG_8393 アーカイヴVol.020/鹿児島出身の音楽家 / プロデューサー…
  5. IMG_8250 アーカイヴVol.062/村山☆潤さん(鹿児島出身/キーボーディ…
  6. IMG_7871 PRIMITIVE ART ORCHESTRAなどで活躍、鹿児島…
  7. IMG_9355 アーカイヴVol.075/ダンサーのATSUSHIさん(Drag…
  8. 170401 アーカイヴVol.053/脚本家、作家、演出家の園田英樹さんの登…

アーカイブ

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP